INTRODUCTION

現代戯曲の最高傑作との呼び声も高い『LUNGS』がついに日本初上演!

2011年の初演以降世界中で上演され続け<現代戯曲の最高傑作>との呼び声も高い「LUNGS」。2019年には作者ダンカン・マクミランがさらに戯曲をブラッシュアップし、ロンドンのオールドヴィック・シアターにて、マット・スミス、クレア・フォイというスターキャストにより上演され大きな話題を呼びました。まさに今、この時代に共鳴するミニマルでありながら壮大な物語が、日本初上演となります。

演出を務めるのは、ポップでロックな創作スタイルで脚本・演出ともに高い評価を受ける谷賢一。2013年『最後の精神分析』の翻訳・演出にて第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、文化庁芸術祭優秀賞を、2019年には『福島三部作』の一挙上演で第64回岸田國士戯曲賞を、第二部『1986年:メビウスの輪』で第23回鶴屋南北戯曲賞を受賞するなど、劇作家・翻訳家としても活躍する気鋭の演出家が描く、たった二人の会話劇にご期待ください。

主演を務めるのは、単独主演・二人芝居ともに初挑戦となるジャニーズWESTの神山智洋!

主演は、今作が初の単独主演で、二人芝居にも初挑戦となる、ジャニーズWESTの神山智洋が務めます。舞台には定期的に出演し、2018年の『オセロー』では、確かな演技力を魅せ高い評価を得た神山。2020年8月の『正しいロックバンドの作り方 夏』以来、約1年ぶりの主演となります。初めて尽くしの作品となるこの『LUNGS』でどのような姿をみせるのか、どうぞご注目ください!

本作に神山と共に新たに挑むのは奥村佳恵。2008年にオーディションで蜷川幸雄に見出され『音楽劇 ガラスの仮面』でデビューし、2014年には奇跡のひとり芝居と言われる野田秀樹の『障子の国のティンカーベル』に挑み高い評価を得ました。活動は舞台に留まらず、映画『あの日のオルガン』やドラマ『准教授・高槻彰良の推察 シーズン1』(東海テレビ・CX系・21)など、映像でも幅広く活躍。作品ごとに様々な表情を魅せる奥村が、初共演となる神山とどのような物語を創り上げるのか、どうぞご期待ください。

この作品は、素舞台で上演されることを想定している。
背景も、家具類も、小道具も一切なく、マイムもしない。衣裳替えもしない。
照明変化や音響で、時間や場所の移動を示すことも行わない。
(戯曲ト書きより)


『LUNGS』は 、舞台セットや音響、照明などに頼らず、二人の俳優、演出家をはじめとするクリエーションチームの想像力、そして観客の想像力のもとに創り上げられる作品です。

この度解禁となったビジュアルでは、男女の機微をシンプルな舞台で描くことから、シックでモノクロな雰囲気をベースに、神山自身、谷村自身の様々な表情を捉えた写真で作品世界を表現しています。

若いカップルが子供を持つべきかという問題に直面することを発端に、人生を変えてしまうような大きなできごとから、日常のほんの些細なことまで、 人は何を想い、考え、立ち止まり、そしてまた前に進もうとするのか。自分たちの物語として、誰しもの心に強く響く、特別な作品が誕生することでしょう。

ページトップへ